LINK
車の見積額を少しでも大きくするものには、中古車を売却時期タイミングも影響してきます。所有する査定対象車を多少でも高く売ろうと配慮すれば少なからずタイミングがあるといえます。自動車の見積査定の留意点として重要視されるところに走行距離があります。通常走行距離イコール車の寿命と考えられることもありますので、実際の走行距離が長い分だけ見積もりでは欠点となります。走行距離が500キロと2万キロでは普通は査定対象車の価格は評価が異なるはずです。一般的には走行距離だけで見れば少ない方が自動車見積額は増えますが実際はそんなに細かい目安はないため決められた目安で査定額が決まります。例えば普通車では年間走行距離1万kmで線を引いてこれ以上走っていると査定がマイナスになるなどです。軽自動車だと年間8千キロがまた年数が経っているのに走行距離がとても少ない場合でも見積額が高くなるとは限りません。年式・走行距離についての見積査定の留意点は年式と比べて適切な走行距離であるかというところです。車もそうですね。次に車の初年度登録からの経過年数も、自動車の査定の大きなポイントです。きっちり理解しているんだといった方が多数だと思いますが、一般的には年式は新しければ新しいほど査定には高評価が出やすいのですが稀にですがその年式の車にプレミアが付いている車は昔の年式の車でもプラスに見積してもらえる場合もあります。それから車検も重要です。ご存知のとおり、車検にはお金が掛かっている分車検が必要になるまでの残月数が長いほど見積額は上がると感じると思いますがそういったことはなく、車検の前でも後でも中古車の売却額にはそれほど関係がありません。軽1BOX、走り屋仕様車水没車、といったような車種のコンディションや形式も査定額に関係を与えます。車検のタイミングは売り時としてもいいタイミングということになります。逆に、売却額を上げるために、車検を受けてから売却額査定を頼もうとするのはナンセンスでプラスに働かないということになります。他にも専門業者に車の査定を依頼し、買い取ってもらうタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。なぜかと言いますと自動車買取業者の期末が3月と9月になっているところが多いためです。ですので、例えば、1月に売ろうとしたら少し待って2月に中古車の査定見積もりを専門業者に頼んで売るのも手です。所有者事情もあるので、皆が皆こういったタイミングで売りに出すというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるだけそうしたタイミングを狙ってみると都合がいいかもしれません。